« 汁物トライ: ポッカ ふってふってゼリーうめ | トップページ | クラスの中にアクセスする必要がなければ、クラス名の宣言だけでよい »

2008/03/26

描いたものから物理演算のあれやこれや

ITmedia +D Gamesに「日々是遊戯:あなたのラクガキが動き出す!? 遊び心たっぷりの物理演算ソフト「Phun」」という記事がありました。

パソコン用のソフトで、描いた図形が物理法則に従って落下したり衝突したりというものですが、何かその手のソフト見たことあるなあ……確かちょっと前にTabletPC専用でMicrosoftの英語のサイトからダウンロードできたような……。

思い出せないので検索したら、「Physics Illustrator for Tablet PC」というものでした。ソフト自体は英語版ですが、いい感じのまとめサイトがありました。

物理シミュレータ「Physics Illustrator for Tablet PC」のまとめ - netbata MATOME

「Phun」は描いた端から動き出すようですが、こちらは全体を描き上げて「Run」ボタンをタップすることで別のウィンドウでシミュレーションが実行されるようです。

検索途中にもう一つ別のソフトを見つけました。

クレヨン画が物理演算で動く「Crayon Physics」 - Engadget Japanese

こちらも描いたものが描いた端から物理法則に従って動くタイプですが、画面に最初からある丸を星のところまで移動させるという目的を持ったパズルゲームになっているようです。

なお、制作元のサイトには、YouTubeの映像はデラックス版のものでプロトタイプ版は四角形しか描けませんとの注意書きがあります。

|

« 汁物トライ: ポッカ ふってふってゼリーうめ | トップページ | クラスの中にアクセスする必要がなければ、クラス名の宣言だけでよい »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 描いたものから物理演算のあれやこれや:

« 汁物トライ: ポッカ ふってふってゼリーうめ | トップページ | クラスの中にアクセスする必要がなければ、クラス名の宣言だけでよい »