« 汁物トライ: すごいゼッベイビー ドリンク | トップページ | vbfilter.pyを改造してみた »

2008/02/22

痛し痒しなvbfilter

解析用途に使うのはあきらめたvbfilterですが、資料作成用には使えそうなので、手を加える前のプロジェクトを、2つのvbfilterそれぞれを通してdoxygenに掛けた結果を比較してみました。

awk版

  • 標準モジュールはクラスではなく、ファイル名をネームスペースとして扱う。
  • クラス抽出に抜けがある。
  • 列挙型をサポート。
  • 配列が関数と誤認識されることが多少ある。
  • サブルーチンは「Sub ~」「Function ~ As ~」のVB的スタイルで表記される。

python版

  • 標準モジュールもファイル名をクラスとして扱う。
  • 定数が抽出されないっぽい。
  • 列挙型はサポートしないっぽい。
  • 配列が関数と誤認識されることが多い。
  • サブルーチンの表記は戻り値の型を前に持ってくるCやJavaの関数的スタイル。Subはvoid型関数として表記される。

うーん。

awk版を使うと、クラスの抜けが出そうで、python版を使うと、定数が載らなかったり、配列が関数に分類されたり……どっちもどっちだなあ……。

書式に則ってコメントを付けたら、状況が改善されるのかしら。

(2009/4/8追記)別の記事にてpython版のフィルターを多少改造したものを公開してます。

|

« 汁物トライ: すごいゼッベイビー ドリンク | トップページ | vbfilter.pyを改造してみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 痛し痒しなvbfilter:

« 汁物トライ: すごいゼッベイビー ドリンク | トップページ | vbfilter.pyを改造してみた »