« 汁物トライ: 暴君ハバネロの旨スープ | トップページ | ただの豚まん画像 »

2007/11/16

フランスの交通事情

このところ、渡仏している上司のサポートのためにフランスの交通事情をいろいろ調べまくってます。SNCF(フランス国鉄)の長距離路線や首都圏のサイトや、RATP(パリ交通公団)のサイトなどは英語対応もしてますが、その他の地方ではフランス語の情報しかなかったりもするし、英語対応のサイトでも、路線図や緊急のお知らせなど、フランス語の情報しかないものもあり、おかげでフランス語の単語をいくつか知ることができました。

そう、緊急情報。フランスはただ今ストライキ絶賛進行中なわけで。

思いっきり上司の渡仏のタイミングに被ってしまいましたよ。

何て間が悪い……と思ったら、1か月前にもストやってますよ?渡仏前に、向こうで会う人に、ストライキが心配だとメールを送ったら、慣れてるから心配しないでと返事が返ってきましたよ?ってか、ストまとめサイトなんかがありますよ?しかも臨時じゃなく常設っぽいですよ?

フランス語版しか無さげな運行情報を、翻訳サイトに頼りつつ掻き集めると、パリ近郊では朝夕の通勤時間帯しか列車が運行せず(しかも運行予定の列車が当日無くなったり)、長距離の高速鉄道も、主要な都市へ行くのしか無かったり、普段なら停まる駅が飛ばされたり。地方は地方で、通勤時間帯はバスで代替輸送やってたり。

JanJanの記事に「フランス人は頭にいつも車があり、仮に優れた公共の交通機関を提供されたとしても、車で往来できて駐車が可能であれば、個人の車を使用するといわれている。」とありますが、ストライキが何度も起こるのだと、マイカーに頼らざるを得ないのも仕方がないのではという気がします。……それとも、マイカー率が高いからストができるのでしょうか。にわとりとたまごですかね。

パリの交通システムっていろいろ便利そうなのに。

  • SNCFもRATPも運賃体系が共通なので、切符の使い分けを気にする必要がない。
  • パリ市外のバスにも市内のバスと共通の切符が使える。(独自の切符もある)
  • 回数券の割引率が20%以上もあり、その上有効期限がない。
  • 1往復と短距離2回で元が取れる1日乗り放題券がある。
  • 1週間定期券がある。

うーん、もったいない。

ついでなので、情報をいくつかまとめておきましょう。

こんなところで。

|

« 汁物トライ: 暴君ハバネロの旨スープ | トップページ | ただの豚まん画像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランスの交通事情:

« 汁物トライ: 暴君ハバネロの旨スープ | トップページ | ただの豚まん画像 »